いすみがく

「いすみ撮る」第三弾開催しました。

いすみがくの写真プロジェクト「いすみ撮る」

3弾といたしまして、2018年12月9日に「港の朝市」の撮影、および市内沿岸部の撮影に挑みました。
わせて、こちらは千葉大写真部の活動の一環として、別途前夜の12月8日には市内で星空撮影会をひらきました。

9日、まずは港の朝市を参加者で散策しました。

いろんなお店がいろんな食べものを売っていて、毎回本当に迷ってしまいます。

作った人、獲った人が直接お客さんと対面してモノを売っている姿は、とてもいきいきしていて、良い写真がたくさん撮れました。

いすみ豚のもつ煮込み、これまで食べてきたもつ煮の中で一番、といえるくらい、絶品でした。

その後は、浪花方面の沿岸を散策したのち、

国吉方面へ車で移動して、「grain」というパン屋さんで昼食を購入しました。

高秀牧場で牛たちを眺めながら、食後にジェラートをぺろり。
寒かったですが日差しが暖かく、のんびりといすみを満喫できました。

その後は、拠点に戻って今回の撮影鑑賞会を行いました。
今回の参加メンバーの半分ほどが、初めてのいすみ訪問でした。

その中には地方出身者に限らず、東京や関東地方に実家のある人も少なくありません。

こうして何かきっかけをつくり、地道に「初めてのいすみ」を増やしていくことが、私のいすみがくメンバーとしての任務ではないかと感じています。

これからも写真を通じて、たくさんの人といすみでふれあい、いすみをPRしていきたいです!

ちなみに星空は、鉄道ファンに人気の名所「第二五之町踏切」で撮影。

レンタカーを借りて移動していたのですが、現地に着いてクルマを降りた瞬間、満天の星空!

 

雲が多く、よく見えない時間も多かったですが、参加者全員思い思いに、満足のいく撮影ができました。

 

その他の最新情報